データを転送サイトで送るときのマナー

manner

容量が大きいデータ(ファイル)は、
メールに添付して送信してもエラーになってしまいますが、
そんな時には、転送サイトを利用して相手にデータを送ると思います。

送信する場合は、転送サイトで
データをアップロードして、そして
データ送信先のメールアドレスを入力すると思いますが、

このメールアドレス欄に
送信相手のメールアドレスを入力して
直接送ってしまうのは
マナーとしてあまり良くありません。

理由としては、メールアドレスがもし間違っていたら、
相手も自分も気づかないからです。

マナー的に正しい送り方

なので転送サイト上の送信先メールアドレス欄には、
自分のメールアドレスを入力しましょう。

メールアドレスに間違いがなければ、
当然自分にメールが送られてきます。
例えば以下のような内容になります。

ご利用いただきありがとうございます。アップロード情報をお届けします。
FILE: オモロン.zip
URL: http://omoron.netvjoeajvoiaerhjvoiaheorhviavoa
削除KEY: 295a
ダウンロード期限: 2017年10月23日(月)

この青字の部分をコピーして、
メールで相手に送信すればOKです。

○○様
お世話になっております。
データを以下にアップしましたので、
ダウンロードをお願い致します。

FILE: オモロン.zip
URL: http://omoron.netvjoeajvoiaerhjvoiaheorhviavoa
削除KEY: 295a
ダウンロード期限: 2017年10月23日(月)

何卒宜しくお願いします。

これで「データ来てないよ〜」なんて行き違いも
無くなりますし、
挨拶文も添えられるので、
転送サイトからデータを送りつけるよりは、
断然印象が良いものになると思います。

取引先や上司、お客に転送する場合だったら

同僚や部下に送るときでも良いのですが、

実際にデータを自分でもダウンロードしてみて、

1:正常に解凍できるか
2:正常にファイルを開くことができるか

という確認をしてから相手に
メールするとベストだと思います。

大量のファイルを圧縮した場合は、
一つ一つ開けるか確認するのは難しいと思いますが、
その場合は2〜3個確認するだけでも良いと思います。