無料や格安エステに悪徳エステが多い理由

0516beauty

際限のない美

今に始まったことではないエステの契約トラブルですが、
なぜこうもトラブルが絶えないでのかと少し考えてみました。

エステの手口が巧妙化していることもあると思いますが、
一番の要因は安易に契約してしまう人が多いからではないでしょうか。

しかし「美しくありたい」という事は、女性だったら誰しも少なからずは思う事だと思います。

スタイル?
ツヤツヤした肌?
セクシーなバスト?
モデルのようなルックス?

私が女性だったらどれも実現したいです。
美というものは際限がないと思います。
お金さえあれば、いくらでも使うことができる気がします。

エステ店員の営業スキル

大抵のエステサービスは、複数回来店する必要があると思います。

例えば毎週の様に通って2ヶ月後、自分の担当者が「自信をもってオススメします」と
別のエステコースを案内してきたとします。
キッパリと断ることができそうですか?

エステ店員の営業トークその1

まずはお客の値踏みです。どんなお店でもしている事かもしれませんが、
アンケートなどは最低限の内容しかありません。
以下のような重要な内容を、回を重ねるごとに聞き出していきます。

  • 職業:学歴や職業、勤続年数や職場でのポジションなど
    「お仕事はお忙しいのですか?」「どんなお仕事をされているのですか?」など、自然な会話から始まります。
  • 家族構成:一人暮らしか家族同居か、両親は健在かまだ働いているか、自分は子持ちか、子供は何歳かなど
  • 生活環境:持ち家か賃貸か、旅行にはよく行くか、旅行はどこに行くか、乗っている車の車種など
  • 収入額:分割ローンの審査を理由に直接聞いてくる場合があります
  • 貯金額や自由に使える金額:その他には株やFX、投資信託をしているかなど聞かれる可能性があります
  • 美容にかけるお金:美容関係の製品を買ったことがあるか、どういった製品だったか等
  • スポーツや趣味:ジムに通っているか、英語や習い事など何か趣味を持っているか
  • ファッション:好きなブランドなど
  • エステ歴:当然過去のエステ歴やその内容は細かく聞かれます

今現在、貯金がなくて収入もなければ、さすがにそれほどしつこくは営業してこないと思います。
しかし例えば学生でも、アルバイトの収入が少しでもあれば話は別です。
また悪徳エステの場合ですが、
審査用紙の記入欄で学生なのに自営業やフリーターにさせられたり、
毎月の収入額も実際の額より高く変更を勧められる場合があるかもしれません。

特に自社ローンの場合は審査があまいので、普通だったら通らないような審査も
簡単に通ってしまいます。
そういったエステは、収入がわずかでも怒涛のごとく営業してくるかもしれません。

エステ店員の営業トークその2

契約申し込みが頻繁にあるように装います。
高額な契約がそうそうに発生するわけはありませんが、
「先日も契約した」とか「今日契約があった」とか、
「このサービスは施術できるスタッフが少ないから残り1名だけ」とか
「殆どのお客様が申し込むんですが、申し込まなくていいのですか?」などと当然も装います。
高額だけど皆んな契約しているなら私も、、などと思ってしまうかもしれません。

エステ店員の営業トークその3

存在するか分からない他のお客を引き合いに出す。
「そのお客様は〜を契約されたんですが、さらに綺麗になられました。
私も女性として尊敬しちゃいます。」
「お客様も十分綺麗ですが、さらに綺麗になれると思いますよ!」
と持ち上げたりもありそうです。

エステ店員の営業トークその4

その女性が求めているものを探ります。これは当然かもしれません。
男のためにエステをしたいのか、自分を磨きたいのか、
さらには、どの様に変わりたいのかなど、お客が求めているものをさぐります。
求めているものが分かれば、あとはオススメのサービスを紹介すれば成約率UPですね。

エステ店員の営業トークその5

営業トークは相手に合わせて様々な態度や手法でしてくると思いますが、
雰囲気作りも重要です。
とりあえず接客やエステのサービスは超丁寧にしてくると思います。

部屋はリラックスできる薄暗さでキャンドルなどがあったり、
そしてアロマな香りを漂わせ、リラックスできるクラシックが流れているかもしれません。
贅沢でセレブな雰囲気です。少し勘違いしてもおかしくありません。

例えば、着飾って高級レストランに行ったら、シェフがテーブルに来てオススメのフルコースを案内してくれました。
オススメされたコースは5万円で予算は1万円だったけど、クレジットカードがあったから注文しちゃった、
みたいな感じでしょうか。

エステ店員もいきなり高額な契約を営業してきたりはしません。
エステとは関係ない会話や普通の会話を繰り返して、
二人の関係を築こうとします。

何度かお店に行って、二人の関係が良くなったら、
「その5」の雰囲気で営業トーク開始です。

「長い間すごく丁寧にしてもらったから」とか
「この人がそこまでオススメするなら」とか
「ガッカリさせたくないから」とか
最初だったら絶対思わない事を思ってしまうかもしれません。

無料や格安エステに悪徳エステが多いのはなぜ?

無料や格安、限定をうたってお客さんを誘い出しておいて、
結局は高額な契約を求めるのはいかがなものでしょうか?

そもそも無料や格安でエステサービスをしておいて、
それだけで終わってしまったらお店の経営は成り立ちません。
当然、別途のエステ契約を結ぶ必要が出てきます。

仮に契約を結ぶ事ができても、簡単に途中解約されてしまったら、
同じく経営は成り立ちません。
ですが、それが途中解約できない理由にはなりえません
なので、そもそも無料や格安でお客さんを誘う行為自体が、
自分たちを悪徳エステになり下げさせているのだと思います。

確かに通常の料金をかかげて待ち状態だとお客さんは少なくなってしまうかもしれません。
しかし、それで存続できないお店は世間からは必要とされていないのだと思います。

<過去記事>後を絶たないエステトラブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。