後を絶たないエステトラブル

esute2

もうすぐ夏です。
エステ業界はこの時期に多額の広告を実施します。
電車の中もエステの広告だらけですね。

しかし、不思議なのは
ほとんどの広告が0円。または100円とか。

お金がかからないならやってみようかな?
なんて思うかもしれませんね。
そういう私も過去にネットで予約したことがありました。

ただほど危険なものはなし

エステの会社が広告を実施するには、多額の金額が必要になります。
そのお金はどこから捻出されるのでしょうか?

もちろん私たちが契約したりするお金からです。
0円でどうやって?と思うかもしれませんが、
冷静に考えてみれば、会社の上司や、親友じゃないのに
0円で何かサービスをしてくれるわけがありませんよね。
安価なのは店に誘い出すきっかけにすぎません。
実際にこのようなニュースがありました。
大手が傘下医院で高額施術 解約応じず 国調査へ<yahoo!ニュース>
この大手エステグループは痩身(そうしん)マッサージについて
各店先着50人限定で80%オフ」と広告を掲げていたようです。
結局160万円も支払ってしまったそうです。

医院での医療行為はクーリングオフ対象外だが、エステでの施術と同様の内容が継続する場合について消費者庁幹部は「同一サービスによる脱法行為とみなされる可能性がある」と指摘する。この医院は契約書で「解約は認められていない」と記しており、解約逃れ行為と判断されれば特商法違反になる。

医院であればクーリングオフに応じる義務がなくなります。
しかし上記の通り「エステの施術と同様の内容であれば、
それはエステと同一のサービスとみなしますよ」という内容ですね。

さすが大手、巧妙です。取材質問に対しても問答が用意されていたようで
開きなおっています。大手エステでも安心できませんね。

私がエステを予約したときは、脱毛だったような気がします。
しかしその後にネットで評判などを調べると
次々と良くない情報が見つかったのでキャンセルしました。

良くない評判の中には「巧みなトークで契約させられてしまう」という内容が
多くありました。
けっこうな無防備状態のまま何時間も営業トークを聞かされると、
冷静に判断ができなくなって、「もういいか」とか思ってしまうようです。
契約に応じないと舌打ちされたり、わざと聞こえるように
隣の部屋で文句を言われたり。
しまいには担当が入れ替わり立ち替わり、
なかなか帰してくれないとか、
向こうもゼロ円で終わる訳にはいかないので必死みたいですね。
そんな恐ろしい場所、絶対行きたくありません。

エステ業界のトラブルは今に始まった事ではない

国民生活センターより

国民生活センターより

美容医療の境界 後絶たぬ違法営業<毎日新聞>

脱毛エステにご注意!<国民生活センター>

エステ業者による化粧品等の次々販売<国民生活センター>

無料のエステが受けられると説明され購入した高額な美容機器<国民生活センター>

路上でのキャッチセールスでトラブル多発<国民生活センター>

継続的にサービスを提供するエステは、特商法で
クーリングオフ中途解約に応じる義務があります。

もちろん自分がしっかりしていれば、被害に会うことはないかもしれませんが、
絶対その場ではサインせずに書類は絶対に持ち帰ってください
(書類を持ち帰らせないエステはかなり危険です)
そして契約書の内容はしっかりと熟読して確認してください。
確認する際は、標準契約書と比較すると良いと思います。

標準契約書として、こちらで特定商取引法に準拠した
エステティックサロン認証基準適合書面のサンプルを確認することができます。
日本エステティック機構

出典:日本エステティック機構

せめて以下の五か条は厳守してください。

  • 口コミなどの評判をネットで調べる
  • しつこい営業は断固断る。
  • 契約書は持ち帰って確認する。
  • 納得できない事が少しでもあったら解約。
  • 怪しい事や疑問点があったら、すぐに国民生活センターに聞く!

<国民生活センター>エステの契約をする前の注意点
契約する前に施術内容については、施術の期間、効果の程度や痛みなどの合併症のほか、
副作用があった場合の治療費用の負担、契約期間延長、施術担当者の変更の場合の対応についても説明を受け、
書面で確認の上契約する。契約はトラブルが発生したらすぐ止められるようにローンは避け、
中途解約ができ、解約手数料の最高限度額などが明記された標準契約書を取り交わすようにする。

脱毛エステでトラブルが起きたら
脱毛施術で被害が生じたら、無理をして続けないこと
(そのためにも標準契約書を取り交わしておくことが必要である)。
危害が起きた場合は、すぐ医師の診察を受け、診断書をもらっておく。

脱毛エステの返金に関する紛争(1)<国民生活センター>
脱毛エステの返金に関する紛争(2)<国民生活センター>
脱毛エステの返金に関する紛争(3)<国民生活センター>

国民生活センターの過去データによると、脱毛の場合の平均契約金額は
604,455円で、最低は 4,000円、最高は300万円<国民生活センター>でした。

かなり高額な金額ですね。もちろん中にはしっかりしたエステもあると思います。
私はどこも利用したことないので何とも言えませんが、
0円や異常に安いところは疑ってください
有料は大丈夫というわけではありませんが、、、

<関連記事>無料や格安エステに悪徳エステが多い理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。