日本にも多くあるツブツブ製品の危険性

日本にも多くあるツブツブ製品の危険性

<Yahoo!ニュース>世界が販売禁止に乗り出す、“つぶつぶ入り洗顔料”の何が危険なのか

アメリカでは2017年7月からツブツブ(マイクロビーズ)が製造禁止となり、
そのツブツブを含む製品は2018年6月から完全販売禁止となるようだ。
日本でも歯磨き粉や洗顔でも馴染みのあったツブツブ製品だが、
環境にも人にも良くないらしい。

「マイクロビースは人体も環境も破壊しかねない、
とにかくとんでもない危険な粒」

とアメリカでは言われているようだ。
「あのツブツブにそんなに危険があったとは…」と思い内容を読んでみた…

まずマイクロビーズは、毒素や重金属などの有害物質を吸収する性質を持つようだが、
製品時のマイクロビーズ自体に毒性はない
しかし確かに小さいプラスチックなので、それがもし目に入ったりした場合には、
眼球などを傷つける恐れは考えられる。
しかしそれは大きな問題ではないだろう。人体への本当の影響は以下の流れだ。

まず洗面所や風呂でツブツブの歯磨き粉や洗顔を使うと、
多くが下水に流れそのまま海へ辿り着く。
流れている間に川や海で有害な粒へと変化してしまうようだ。
すると小さい粒を餌と勘違いした魚が食べてしまい、
さらにその魚を人間が口にした結果を「人体も破壊しかねない。」と表現している。

最初は製品のツブツブを間違って何かの拍子に食べてしまったら、
即パッタリ倒れてしまうのか?と想像してしまった。

確かに環境や人体への影響を考えると良くないのは明らかで、
将来的には製造・販売禁止にするのが望ましいかもしれない。
今の企業には、食物連鎖なども考慮した高いレベルでの製品開発を望みたい。