職場を監視するカメラの導入をどう思いますか?《シェア》

camera

全国的にすすむ防犯カメラの導入

2月にも東京都荒川区は
区立公園全33カ所に
防犯カメラを設置すると発表して
ニュースになりました。

新幹線も火災事件を機に導入するなど、
様々な場所で監視カメラの導入が進んでいます
会社も例外ではありません。

カメラのコストも安くなりました。
性能も向上しているので、
解像度も高くなっています。
ネットを利用して
離れた場所からスマホやパソコンで
監視するのも簡単になり、
昔のように多額の費用は発生しません。
個人でも簡単に導入が可能です。

社内でのプライバシーは軽視か

会社ではエントランスなど、
人の出入りの監視は珍しくありません。
しかし最近は社員の仕事場まで
監視カメラが導入されているようです。

この職場への監視カメラ導入に対して
反対の意見も少なくありません。

例えば少し仕事の手を止めただけで注意されたり、
言動の内容やトイレの回数まで注意される事もあるようです。

さすがにそういったケースには同情してしまいますが、
問題は「監視カメラを設置する」行為ではなく
それを管理する側にあると感じてしまいます。
いわゆるブラック企業でしょうか。

監視カメラを導入した会社が
全てそのようなブラック企業であるわけがありません。

監視カメラを社内に設置することでの
メリットも少なくありませんし、
時代の流れとも感じます。

便利な製品をどのように使うかは
使う人次第

あなたはどう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。