5割以上のチャイルドシートが正しく使われず

childsheet

2015年に警視庁とJAFにより実施された
チャイルドシート使用全国調査』の結果を受けて、
3月21日に愛知県名古屋市で交通安全イベントを開催される。
交通安全イベント

チャイルドシートの使用率

チャイルドシート着用率の全国平均は、

1歳未満は85.2%
6歳未満全体は62.7%だった。

チャイルドシート01

都道府県別(6歳未満全体)では以下のような結果が出ている。

着用率が高い都道府県 着用率が低い都道府県
1:山口 79.5% 47:福井 44.4%
2:島根 77.5% 46:沖縄 45.0%
3:愛知 77.0% 45:新潟 45.3%
4:福島 75.0% 44:鹿児島 49.5%
4:秋田 75.0% 43:愛媛 51.0%
6:岐阜 71.4% 42:埼玉 51.3%
7:広島 70.8% 41:兵庫 52.5%
8:富山 69.7% 40:大阪 52.8%
9:高知 69.5% 39:群馬 53.1%
10:長野 68.8% 38:石川 55.1%

間違った使い方が半数以上

せっかくチャイルドシートを使用していても、
正しく取り付けていない(ミスユース)のケースが多い。
チャイルドシート03

ミスユースの内容は以下の通り。
チャイルドシート02

ミスユースの内容を見てみると、
説明書を見てじっくり取り付ければ
対処できそうな内容ばかり。

実際には、
「説明書を見ないで取り付けた」といったケースや、
「最初はしっかり取り付けたけど、
その後取り外して再び取り付けるときに、
説明書を見ないで『なんとなくこうだろう』的に
付けてしまった。」
などといったケースが多いようだ。

チャイルドシートをちゃんと付けなかったばかりに、
事故で大きな怪我をしてしまったら本末転倒
後悔してもしきれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。