今死んだら遺影写真があんな顔やこんな顔に?

遺影写真

自分の写真、持ってますか?

「『遺影写真』なんて自分には関係ない」
という人もきっと多いですよね。
でも想像してみてください。

万が一、今自分が死んでしまったら
一体どんな写真が遺影写真に使われるのか。

縁起でもない!って怒る方もいるかもしれませんが、
これって結構大切なんです。

「我が子や家族の写真はたくさんあるけれど、
自分の写真は持っていない」という人も、
意外と多いのではないでしょうか。

おすすめは1人で写っているバストアップ

私は以前、葬儀会社に勤めていました。
たくさんの方々の死を間近に感じ、
ご葬儀の様子も見てきました。
そのなかでご遺族が困り果てるパターンが

遺影に使う写真がない!」というもの。

家中をひっくり返してやっとのことで見つけたのが
30人ぐらいの人たちと一緒に映る集合写真だったりすると、
どうしても何十倍にも拡大加工せざるを得ません。
1円玉くらいの顔写真をA4サイズ程度に拡大するのですから、
たとえ補正したとしても
ぼけた粗い写真になってしまうのは否めません。

遺影写真としてのおすすめは、
やっぱり1人で写ったバストアップ写真。
プリントされたものでも構いませんが、
今ならデジカメやスマホなどで
ある程度の画素数で撮影された写真だと、
加工する必要もなく綺麗に仕上がります。

「喪服を着ていないとだめじゃないの!?」
「帽子をかぶってるけど大丈夫?」

なんて質問も時々ありますが、
今はいつもの自然な姿を遺影写真にする方がとっても多いです。
もちろん、葬儀会社によっては
画像処理で喪服などを着せてくれる場合もありますが、
個人的にはいつもの姿でお別れした方が、
ご遺族にとっても心が安らぐのではと思っています。

葬儀中だけではない!遺影写真の意外な役割

また、遺影写真は葬儀の際にだけ使うものではありません。
その後の四十九日や一周忌などの法要はもちろん、
その後もお仏壇に飾ったり、また
田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家にいくと居間に
先祖代々の写真が飾られているっていうこともありますよね。
それを見て、

「ひいお爺ちゃんってこんな人だったんだな」
「あれ、おばあちゃんってめっちゃ綺麗な人だったんだ」とか、

子供や孫たちが自分につながる祖先たちに思いを馳せるわけです。
遺影写真って、その人が生きた証として
一緒に引き継がれていくものなんですよね。

自分の孫や、その子供達や、
未来の子孫たちに見てもらう自分の姿が
とんでもない写真だったらと思うと・・・

「万が一のときはこの写真で!」

と周囲に伝えておきたくなるのは私だけでしょうか。

元気な今だからこそ、自分はもちろん、
たとえばご両親、おじいちゃん、おばあちゃんの
お気に入りの1枚を確認しておくと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。