『壁ドン』はもう古い?男子は『頭ポンポン』に切り替えよう

<恋愛コラム/モデルプレス>で
「リアルでされたい胸キュン仕草は?」
というアンケートが実施された。

『壁ドン』が1位かと思いきや、
3倍以上の差をつけて
『頭ポンポン』が1位となった

moderupress

『頭ポンポン』とは?

『頭ポンポン』とは、言葉のとおり、
女の子の頭を手でポンポン軽くたたく仕草だ。

例えば、以下のような言葉と一緒に使われる。

「おはよう」
「大丈夫か?」
「昨日なにしたてた?」
「連絡くれよ」

自然な行為なので
使う機会はいくらでもありそうだ。

壁ドンが好まれない理由考察

『壁ドン』の結果は『顎グイ』と1%としか
変わらず14%と思ったより低かった。

『顎グイ』はキス前にされることが多い行為だが、
『壁ドン』も大事な話のときや、
告白時などにされることが多い。

この二つの仕草は、
最初こそドキドキ度はかなりのものだが、
回数を重ねると慣れてしまい、
ドキドキ度は薄れてしまうという。

行為自体も男性が女性を支配している事を
誇示するような行為なので
あまり『やさしさ』は感じられないという。

一方『頭ポンポン』は、人前でも恥ずかしくないし、
『やさしさ』を感じられるとか。
ドキドキはあまりしないものの、されて嬉しいという。

やさしさだけを求めていない女心

また頭を『撫でる』行為とも微妙に違うようである。
撫でる行為は親しい関係だからこそできる行為で、
壁ドンに近いという。

壁ドンと同じく男性が「俺のもの」と
誇示する感じがするとか。

壁ドンよりは『やさしさ』を感じられるものの、
女性はあまり尊重されている気がしないという。

その点、ポンポンは馴れ馴れしくない行為なので
気遣いというやさしさを感じられるという。

親しいからといって、必ずしも
親密な行為が好まれるわけではないようだ。

女心はなかなか難しいが、
やたらめったら壁ドンしていた男子は
さりげなく『頭ポンポン』に切り替えよう。