4月に漢字が変わる可能性浮上

漢字

漢字小委員会が新たな指針

TBS番組の「白熱ライブ ビビット」によると、
2月9日に文化庁の漢字小委員会が
漢字に関する新たな指針案を提言したようだ。
この指針が実現すれば、漢字が変わることになる。

例えば、
これまで漢字で「はね」ていた場所を、「はね」なくてもよくなり、
これまで漢字で「とめ」ていた場所を、「とめ」なくてもよくなる。

新たな指針

漢字でいうと
という漢字の右下部分は現在「」だが、「」でもOKとなる。

画像のように多少の違いは良しとする指針だ。

「保」という漢字はこれまで1種類だったが、
この指針が実現すれば2種類以上存在することになる。

学校の先生もどのように生徒に教えるのだろうか。
現場にも混乱を招きそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。