北朝鮮の潜水艦が行方不明、考えられる3つの可能性

slbm

3月12日に北朝鮮潜水艦が行方不明に

あまり大きなニュースでは報じられていないようですが、
全長約21メートルの小型潜水艦で旧ソ連のロメオ級だそうです。

米CNN(電子版)によると、
米政府高官が「北朝鮮海軍と当該の潜水艦の交信が途絶え、北朝鮮海軍が大がかりな捜索を行った。」と発表したようです。

交信が途絶えた可能性は3つ考えられます。

1、事故

建造から数十年経過した老朽潜水艦のため、航行不能または、浮上や交信不能となってしまった可能性。

2、亡命

一般市民をはじめ軍関係者でも亡命希望者は少なくないようです。
亡命であれば、大捜索も合致します。

3、意図的なロスト

当該の潜水艦が問題を起こしたとしても、北朝鮮が行動把握できていない事を理由に、全く無関係を装うか責任回避する可能性。

2010年の天安沈没事件では、乗組員104名のうち46名が行方不明になりました。
調査結果では北朝鮮による魚雷攻撃と断定されましたが、
韓国は「北朝鮮は自らの行為に相応した対価を支払うことになる」としながらも、
北朝鮮の船舶が大韓民国の海域および海上交通路を利用することを禁じ、南北間交易を中止する措置しかできませんでした。

潜水艦による魚雷攻撃は、発射場所、発射物(潜水艦など)を特定するのが困難です。
例え朝鮮製の魚雷残骸が見つかったとしても、偽装する事も可能ですから、それだけで北朝鮮のせいにするのは証拠として不十分。
原因調査をしている間に時間も過ぎて、報復内容も緩くなってしまいます。

今回行方不明になった潜水艦は小型とのことなので、情報が正しければ弾道ミサイルを装備していることはありえません。
またロメオ級はとにかく性能が低いので、遠くまで潜行したまま航行することも不可能です。

意図的にロストしたとすれば、領内か領内近くに潜伏し、攻撃する機会をうかがっているかもしれません。
ちょうど大規模な米韓軍事演習「キー・リゾルブ」実施中で、タイミング的にも気になったので、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。