地方でお得感のあるマンションは南国がオススメ

地方でお得感のあるマンション

降雪量の多い都道府県の地価を全国的に比較すると安価

降雪量の多い11都道府県の内、9つが全国地価の平均以下です。

降雪量の多い地域

降雪量の多い地域

12位    宮城県
22位    岐阜県
27位    富山県
32位    新潟県
33位    群馬県
35位    北海道
40位    岩手県
42位    福島県
45位    山形県
46位    青森県
47位    秋田県

<日本の降雪量の多い地域(国土交通省)>
<2015全国地価ランキング>

 

地価が安いので同じ価格帯の物件を比べるとグレードの高いマンションが多くなるはずです。
しかし歴然としたグレードの差はありません。
というのも雪国でマンションを建てると、雪に対する様々な追加費用が発生してしまうのです。

主なものは

  • 部屋の断熱構造(壁の断熱材や窓の二重サッシなど)
  • 防雪構造の共用廊下(都内のように吹きっさらし廊下は存在しません。ちょっとした高級感があります)
  • 屋上の耐雪構造(凍ってしまうので貯水タンクも屋上ではなく室内にあります)
  • 通常階段も吹きっさらしはありません。
  • 給水器具、排水器具、温水機器、空気調和機、ポンプ、タンク、配管、監視カメラ
  • 防雪構造の駐輪場(1階が駐車場の場合が多いです)
  • 温水スプリンクラー、ヒーター、雪除けなどの設置
  • 居住後の管理費や修繕積立費も割高です

以上のように土地代が安くても多くの費用が発生してしまいます。
もし地方でグレードの高いマンションをお探しの場合は、北国よりは南国をオススメします。