日本のトランプ?大失言の丸山和也議員は辞職すべきか

丸山和也のTwitterより「雪の吹雪く旭川」
丸山和也のTwitterより「雪の吹雪く旭川」

野党3党に加え、所属する自民党からも辞職勧告案

17日、自民党の丸山和也参院議員がまたとんでも発言をした。
内容は以下の通り、

バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。はっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。でもですね、まさか、アメリカの建国、当初の時代に、黒人・奴隷がアメリカの大統領になるとは考えもしない。これだけのですね、ダイナミックの変革をしていく国なんです。

すぐに与野党から批判が噴出。
さらに18日になり、民主党、社民党、生活の党に加え、
所属党のはずの自民党からも辞職勧告案を提出されてしまった。

これに対して丸山議員は、
勧告案をびっくりとあきれている。
批判されるのは不条理。辞職するつもりもない。」と発言している。

やはり自民党では馴染めていないようだ。
「総理より私年上ですから、堂々と言いますよ」と言うような人だから
キャリアがあっても年下にはあまり気を使わなかったのだろうか。

黒人全員を奴隷とした丸山さんの発言

丸山さんの発言についてだが、まずオバマ大統領の
母親アン・ダナさん(1942-1995年)は、
カンザス州出身の白人で、農村開発を専門とする人類学者だった。

父親バラク・オバマ・シニアさん(1936年-1982年)は、ルオ族のケニヤ人。
ルオ族は主に漁業、牧畜、農耕を営むようだが、
父親は特に優秀で経済学者となり、後に政府系の上級エコノミストにもなった。
しかし1982年自動車事故で、46歳という若さで逝去してしまった。

丸山さんは、黒人の血を引く=奴隷と、黒人全員を奴隷と決め込んでいる。
言いたかったことは、「ダイナミックな改革」なのだろうが、、、

過去にも番組中で、島田紳助氏引退の衝撃を震災に例え
「マグニチュード8」と表現して問題にもなったことがある。

アメリカ政府からの反応などは今のところ無いようだが、メディアは一部反応しているようだ。

日本のトランプか?

と報じているメディアもあり、思わず吹き出してしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。