ディズニー、USJともに値上げ。値上げは本当に不可避だったか?

TDL

毎年値上げを繰り返す、ディズニーとUSJ

7年連続の値上げとなる「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)だったが、
4月から「東京ディズニーランド」・「東京ディズニーシー」も値上げする。
東京ディズニーリゾートの値上げは3年連続

ディズニーリゾートの値上げ理由は、
新アトラクションやショーのリニューアルなどでパークの価値が向上したから」と説明。
ようするに、テーマパークを良くするのにお金がかかるから、という内容だ。

パスポートの料金は以下のように値上がる

・大人(18才以上)6900円→7400円(500円アップ)
・中人(12才〜17才)6000円→6400円(400円アップ)
・小人(4才〜11才)4500円→4800円(300円アップ)
・シニア(65才以上)6200円→6700円(500円アップ)

となっている。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は、
2月から以下のように値上げを実施している。

・大人(12才以上)7200円→7400円(200円アップ)
・シニア(65才以上)6470円→6650円(180円アップ)
・小人(4才〜11才)4980円据え置き

偶然か分からないが、日本の大手テーマパークは価格がほとんど同じだ。
値上げは本当に不可避だったのだろうか。

見え隠れする値上げの真相

値上げの理由は他にもありそうだ。

混雑緩和」だ。

ディズニーリゾートであれば、
ファストパス発行やショーの抽選など、
混雑緩和のために様々な対策を講じてきたが、
ここにきて万冊尽きているという

ゲストの人数を調整するには、良し悪しは別として
値上げは即効性もあり効果的だ。

夢の国が本当の夢に

しかしこれでは、夢の国が本当の夢になってしまう

値段が上がることで、
行く回数が減ったり、
行けなくなるのは誰なのだろうか。

一番打撃を受けるのが低所得者層だ

本来であればディズニーリゾートが
最も来てほしいお客ではないのだろうか

顧客満足度も長年上位だったが、
ここにきてトップ10から脱落し11位となった。
とはいえ、まだまだ上位。
東京ディズニーリゾートのオモテナシに期待したい。

※サービス産業生産性協議会が実施している「日本版顧客満足度指数(JCSI)」
上位企業約400社を対象にした日本最大規模の消費者調査。