野々村被告、我慢の限界か保釈金800万円を即日納付

nonomura

3月25日まで神戸拘置所に勾留が決定していた
野々村竜太郎被告だが、
26日、神戸地裁は保釈保証金800万円で保釈した。

勾留期間は残り1ヶ月を切っていたが、
極寒で有名な神戸拘置所なだけに
我慢の限界のようだ。

もし逃亡したり行方をくらますと
この保釈金は全額没収となるが、
公判中に逃亡しても罪にはならない。

<関連記事>第二回公判、野々村被告は髭ボーボー、記憶にありませんを連発
<関連記事>野々村被告が極寒と言われる神戸拘置所に勾留