「一式」に注意!お葬式の気になるお金 その①

sougi0301

昔は、”ぼったくり”なんてダークなイメージが
つきものだった葬儀会社。
そんな経緯もあって、今や「料金明快」を謳って信頼を得ようと
頑張っている葬儀会社も多くなりました。

とはいえ、喪主や施主なんて一生に一度経験するかしないか。
万一の際は葬儀までに時間がない上に、
何が必要か、必要でないかの判断もつきにくく、
やっぱり分かりにくいですよね。

葬儀費用には「固定費」と「変動費」がある

お葬式の費用は基本的には以下のものに分けられます

①棺や骨壷などの葬送品
②お葬式をする式場の使用料
③参列者への接待費用
火葬費用
⑤僧侶など宗教者への謝礼

①「棺や骨壷などの葬送品」は宗教によって違いはありますが、
基本的に亡くなった方を安置する際に使用するシーツ類
ドライアイス、お骨を収める骨壷は必須です。
また、仏教でお葬式をするのであれば、
祭壇位牌遺影写真ろうそくお線香などの
消耗品類は少なくとも必要です。

②「お葬式をする式場の使用料」は、
葬儀会社の式場を利用したり、
公営斎場と呼ばれる各自治体の斎場、
またで行う際に会場使用料として必要になるお金です。
自宅でお葬式をする場合は会場費用はかかりませんが、
その分、祭壇を設営したり参列者が多ければ駐車場を手配するなどの
用意が必要になります。

③「参列者への接待費用」は、
お葬式に来てくださった方へのお食事
(通夜後の通夜振る舞い・告別式後の精進落とし)や、
返礼品の費用を指します。
これは、参列の人数によって変わります。

④「火葬費用」は火葬料金火葬場控え室の料金などを指します。
公営の火葬場の場合は、運営している自治体の
市区町村に住んでいるかいないかで料金が変わります。

⑤「僧侶など宗教者への謝礼」は、お布施やお車、お食事代などになります。
その他、受付などをご近所の方などにお願いした場合
謝礼なども必要になります。

基本的に①②④は人数によって左右されない「固定費」、
③は人数に応じてかかる費用が変わる「変動費」となります。
⑤は菩提寺か否か、また地域によってなどでも随分変わりますが、
たとえば僧侶が1人の場合に比べ、2人や3人の場合では
謝礼(お布施)も多くなることが通例です。

見積もりが「一式」となっていたら要注意

葬儀会社によっては「葬儀費用一式●●円」と謳っています。
パッと見て安い!と思っても、
「一式」の中に何が含まれているのか、
落ち着いて内容を確認しながら、他社と比較検討するようにしましょう。

よくあるのが③の接待費用が含まれているか、いないかという違い。
また、含まれている場合は何人分なのかもあわせて確認しましょう。
それだけでも意識すると、
比較検討しやすくなると思います。

お坊さんも含まれたパッケージプランも

お坊さん付きのプランまであります。
料金が最初から決まっているため、
お布施に気を揉む必要もなく、
特にお坊さんとの付き合いがない人に選ばれているようです。

ただし、安いからといって菩提寺があるにもかかわらずそのプランを
選んでしまうと、お墓に納骨できなくなってしまうなどの
トラブルに発展しかねません。
また、葬儀が終わっても、四十九日、一周忌など法要は続きます。
その都度、違うお坊さんを手配して拝んでもらう可能性も
前もって知っておくと良いかなと思います。

とかくわかりにくいお葬式費用。
特に大切な家族が万一となってからでは、通常の精神状態ではいられず
考えることもままならなくなります。
だからこそ大切なのは事前にある程度の予備知識を持っておくこと。

後悔のないお葬式をするためにも
ぜひ一度考えてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。