スターウォーズの次回作、なぜ予定より7か月遅れの17年12月公開か

フォースの覚醒

スターウォーズの次回作が予定より7か月も遅れることに

本来であれば来年2017年5月の予定だったのに約2年後になってしまった。
7か月も遅れるとは何ごとだろうか?
最近はCGなどの技術が進む、セットなどにわざわざお金と時間をかけなくても
リアルなものが表現できてしまう時代だ。
シリーズの間隔も短くなっておかしくはないのだが、と思いつつ少し調べてみた。

スターウォーズシリーズは今回の「フォースの覚醒」以外全て
5月の最終月曜日(メモリアル・デイ近辺)だった。
それを今回初の冬興行にしたところ全米興行収入は歴代記録を更新
スターウォーズシリーズでは一番の興行収入だったエピソード1の
「ファントム・メナス」でも4億7454万ドル(Forest-Cat )だったが、
5週上映した今日時点で8億5千万ドルを超えている。
このままいけば早ければ2月ころには10億ドルに達するかもしれない。

ここまで興行収入が伸びるとは思わなかっただろう。
やはり冬興行がいいかもしれない!と思ったか、
シリーズ2作目は必ず興行収入が落ちているので、

予算も確保できたので時間をかける覚悟なのか?
どちらにせよ冬の時期に延長した理由は想像できた気がするので
これまでのシリーズを見返して待つことにしたい 😀