チケット業界以外にも求められる、定価以上の転売規制

画像と本件は無関係、画像は横行する転売の例

前回記事「定価以上の転売が業界に損失をもたらす流れ」

時代にそぐわない定価以上の転売規制

なぜチケット業界だけが転売禁止?

特にチケット業界の「転売禁止」といった声を多く見聞きします。
このチケット転売は今に始まったことではなく、
インターネットが普及するだいぶ前からありました。

いわゆる「ダフ屋」や「ダフ行為」です。誰しもが聞いたことある言葉だと思います。
ダフ屋は人気のチケットを大量に購入し、
当日コンサート会場周辺で高値で売買していました。
チケットを購入できなかったファンは、定価以上のお金を用意して
当日コンサート会場周辺で高額なチケットを購入したりしていました。

今の「ヤフオク」や「メルカリ」などの売買するツールがなくても、
現場で対面売買が成立していたのです。

このように売買が成立できる「チケット」に暴力団が目をつけ、
組織的に行い資金源の1つにしました。

なので国も対策を講じるようになり、
現在のようにチケット転売だけ取り締まるようにもなったのだと思います。

今更ですが、この取り締まりは
音楽業界の損失を与えるからいけないのでしょうか?
それは建前で、
暴力団の資金源になるからいけないのでしょうか?

その両方かもしれませんが、今はネット時代なので
チケット業界に限ったことではありません
ニンテンドースイッチやiPhoneXの転売でも暴力団の資金源となりえますし、
それぞれの業界に損失を与えてしまいます。

業界に損失を与えるからいけないのか

今のネット時代では、暴力団とは全く無関係な組織や個人でも
簡単に転売ができてしまいます。そしてチケット業界と同じように、
それぞれの業界に大きな損失を与えてしまいます。

しかし、暴力団とは無関係な組織や個人だった場合は、
取り締まる必要はないのでしょうか?

チケット転売では、一般の個人が逮捕されたりしています。
これがパフォーマンスなどでなければ、
暴力団の資金源とは関係なくても、
他の業界も定価以上の転売を規制する必要があるのではないでしょうか

メーカーによる転売防止策

各業界のメーカーも死活問題だと思いますので、
いつ実現するか分からない法案化を待っているわけにはいかないと思います。

しかし今回AppleがiPhoneXで実施している転売防止策も、
対策としては問題だらけなようです。
例えばクレジットカードを変更して購入しても、
配送先の住所が同じなのでキャンセルされたという声がネットにも多くありました。

配送先の住所に重複がないか、チェックしているのだと思います。
しかし同一世帯(住所)でも複数購入することは十分ありえますし、
新しいiPhoneXを家族で利用したいという家庭もあると思います。

ニンテンドースイッチの場合でも、兄弟が別々の部屋で
それぞれスイッチをプレイすることもありえます。
そもそもニンテンドースイッチは持ち運びができる仕様なので、
ニンテンドーDSのように子供が1個ずつ持っていても不思議ではありません。

しかし住所によるチェックだけだとこういった販売機会を失ってしまいます。

このような販売機会を失わず、かつ転売を目的とした購入を阻止できる
精確な防止システムが求められていると思います。

Amazonが新たな試みか

Amazonが新たな試みを実施しているかもしれません。
11月に発売されるスマートスピーカーのEchoですが、
サイトでいきなり購入(予約)することはできません。
ます最初に「リクエスト」しないといけないのです。
その後問題なければAmazonから数週間以内に返信があるようです。

tenbai1112_01

Echoをリクエストするとこの様に表示に変わり、再リクエストもできなくなります。

Echoは現在キャンペーンでプライム会員だと安く購入できたり、
Amazon Music Unlimited」のクーポンが付いてきたりします。
3モデル中、2モデルは1万円以下で購入できますし、
価格やクーポンなどかなり企業努力していそうです。

当然ですがAmazonは「Amazon Music Unlimited」に登録してほしいのだと思います。
Echoもスイッチと同じように本体での利益はたかがしれているのではないでしょうか。
多くの人に「Amazon Music Unlimited」に登録してもらって利益が膨らむビジネスモデルだと思います。

どんな製品でも発売までに多額の資金が開発に使われます。
この開発に使われた資金を早期に回収して利益を出すには、
多くの「本来のユーザー」に商品を少しでも早く流通させる必要があります。
Echoの場合でも転売目的の業者や個人に大量の製品が渡ってしまえば、
せっかく企業努力で定価を下げてもユーザーが定価以上の金額を失っては、
「Amazon Music Unlimited」の会員数も予定通り伸びないかもしれません。
結果、良質なサービスにも関わらず業績が悪化してしまう可能性も出てきてしまうかもしれません。

ちなみにEchoは11月15日発売のようですが今日は19日。
私は9日にリクエストしましたが、まだ何も返信はありません、、、
もう発売日は過ぎているのですが、転売目的と思われいるのかもしれません^^;

リクエストは各モデル別で出来るようです。
ネット上でも「リクエストに対する返事がまだない」といった声が多数あるようです。

tenbai1112_02

つづく(近日追記)