「私はあなたの作品です」芸能人の泣ける弔辞

tyouji

その人がどんな人物だったのか、
そしてどれだけ愛されていたのか。
涙なくしては読めない弔辞の数々を集めてみました。

実は白紙だったタモリの弔辞

タモリが漫画家の赤塚不二夫さんへ読んだ約8分もの弔辞は、
実は白紙であったことも話題になりました。

私もあなたの数多くの作品のひとつです。

タモリさんの弔辞全文(出典:日刊スポーツ)

ロックを愛するからこそ革ジャンで参列

甲本ヒロトさんは忌野清志郎さんの告別式に
哀悼の意を込めた革ジャンスタイルで参列しました。

きょうも、「清志郎、どんな格好してた?」って知り合いに聞いたら、「ステージ衣装のまま寝転がってたよ」と言うもんだから、「そーか、じゃあ、オレも革ジャン着ていくか」と思ってきたら、何だか浮いてるし。清志郎のまねをすれば浮くのは当然で、でも、あなたは、ステージの上はすごく似合ってたよ。ステージの上の人だったんだな、うん

甲本ヒロトさん弔辞全文(出典:朝日新聞)

カンニング竹山さんがコンビ名を名乗り続けるワケ

「中やん」と遺影に呼びかけ「読むんじゃなくて、しゃべるわ」と
博多弁で語りかける姿は彼らの強い絆で結ばれた間柄を感じさせるものでした。
カンニング竹山さんが相方中島さん亡き後もなお「カンニング」と名乗る所以
ここにあります。

カンニング中山さんからカンニング中島さんへ

おい良かったな!みんなお前、みんな見に来てよるよ、お前 なんかさ、マスコミとかも、すごいぞ、なんか昔全然こんなんじゃなかったのに、凄いことになっとる!

おまえに、昔お前に辞めようって話したときに、でもなんかこう芸能界の前に爪跡だけ残して辞めようって話しして…爪跡どころじゃなくなっとるよ!

何か色々なあ、俺とお前の何か感動秘話みたいになっていっぱい流されよるけども、俺はお前がもう何て言いよるかもうわかるわ

「気持ち悪いなあ」

ってお前、笑いよると思うんよ。俺もそう思っとるよ。俺はお前となあ、二人でコンビ組んで、ずっとね、こうやって漫才とかやれて、お笑い芸人になって、やれたことが本当に幸せやった。ありがとう。

もういつそっちに往くか、もうわからんけども、俺がまたそっちに往ったらまたやろうや。いいかお前な、待っとけ!…ありがとう、じゃあな!…いつもとおんなじように別れるぞ、じゃあな!

スネ夫からジャイアンへ

アニメ『ドラえもん』の初代ジャイアン役や『ヤッターマン』のトンズラー役などの声優として親しまれたたてかべさん。“スネ夫”肝付兼太さんがスネ夫としての言葉も交えながら語りました。

天国についたら住所を教えてください。DVDを送ります。奇しくも、7月公演は『おしいひと』というタイトルなんです。パンフレットにかべさんのことを書かせてもらいました。僕にとって、まさにかべさんは「おしいひと」でした。かべさん天国にいる家では、懐かしい人達が、先輩も後輩も大拍手でかべさんを迎えてくれるんですよね。早く私も行きたいなぁ。みなさんによろしくお伝えください。でも、僕はもう少し地球上で頑張ってみます。

本当に55年の間、友だちでいてくれてありがとう。安らかにお休みください。ご冥福をお祈りします。

ジャイアン、ジャイアンのくせになぜ先に逝っちゃうんだよ。スネ夫でした。

“スネ夫”肝付兼太さんの弔辞全文(出典:NEWS LOUNGE)

長渕さんはギターで別れの言葉を

長渕剛さんは自身の「12色のクレパス」をギターで弾き語りながら
俳優二谷英明さんへの想いを語りました。

お父さん、人生ってもしかしたら僕らが考えてるよりも、短いのかもしれないね。そして死っていうのは突然にやってきてさあ、そしてあっけなく終わってしまうのかもしれないね。

僕はね、お父さん、さっきからダンディーなお父さんの写真を見ながらずっと考えてた。なぜ、僕たちは、大切な人が亡くなったらたくさんの涙を流すんだろうかって。もちろん、亡くなってしまったことは悲しいけれど、それは、あの時のお父さんの笑み、あの時の優しいまなざし、あの時の「おお食べなよ、たくさん食べなよ、懸命に生きてくれよ」、あの時の等身大の二谷英明、お父さんにもう2度と会えないから、もう2度とアナタと会うことができないから、涙を流すんです。

長渕剛さんの弔辞全文(出典:日刊スポーツ)

野田秀樹さんの勘三郎さんへの想い

歌舞伎俳優・中村勘三郎さんの本葬では
親しかった劇作家・野田秀樹さんが独自の表現で弔辞を読み上げました。

どうか、どうか、安らかなんかに眠ってくれるな。
この世のどこかをせかせかとまだウロウロしていてくれ。

野田秀樹さんの弔辞全文(出典:NEWS LOUNGE)

 

いかがでしたか?
弔辞からは、亡くなった方とのプライベートでの
とても親しい間柄を垣間見ることができます。
また同時に、わたしたちは亡くなった方の魅力を改めて再認識することができますよね。
万一自分が死んだら、いったい誰がどんな弔辞を読んでくれるんだろう。
あー、生きているうちに聞けないのが残念!