育児

育児

まだ素直な小学一年生が一番苦労する『置き勉』禁止

脱ゆとりは良いとして、体の小さい小学生には深刻な問題だと思います。 小学一年生の年齢は6歳と7歳です。6歳の子の平均身長は112〜113cmくらいで、低い子は100cmくらいしかありません。 平均体重は20kgくらいのようで、...
育児

小学校高学年の男女が同じ教室で一緒に着替えている問題

ほとんどの小学校の体育の授業では、体育着に着替えると思います。 千葉市のある小学校では、高学年でも男女同じ教室で着替えることがあります。 一部の女の子たちはこれを嫌がり、自主的にトイレや人が来ない場所で着替えています。 ...
育児

子どもの空間認識能力を高めるプラモデル

私は小学生時代にガンダムをはじめ多くのプラモデルを作りました。 初めたのは父の勧めもあり、小学1年生の頃でした。 ガンプラ以外には、車や飛行機、戦車、戦艦などの乗り物系です。 おかげさまで『空間認識能力』という能力が自然に...
育児

エスカレーター巻き込みが起きるケース

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-7177134563301576", ...
育児

マンション住民に強制させられる、
自治会の厳しいルール

我が家には小さい1才の子供がいます。 なので自転車の後部には、座れるように 以下のようなチャイルドチェアを付けていました。 しかし昨年末頃、当マンションでは使用不可という決定が マンション自治会によっていつの間にか下されまし...
育児

水いぼとの戦い02「イソジンを塗ってみた」

昨年末ごろ、小3の長女に水いぼができたことを書きました。 過去記事「水いぼとの戦い01」 今日は久しぶりにその経過報告です。 イソジン消毒&イソジン軟膏を塗る 水いぼがあっても痒くもなく痛くもないという長女ですが、...
育児

脳科学で子どもの”やる気”を引き出すコツ

我が家の息子が小学生になってはや2ヶ月。 ほぼ毎日、宿題を持ち帰るようになりました。 「宿題してね」 「まだやってないの!?」 「いいかげん早くやりなさい!」 そんなうるさい母の小言にげんなりしつつも、ようやくドリルのページを開い...
育児

2度かかる可能性も!?突発性発疹

次男が10ヶ月のころ、初めての発熱を経験しました。 保育所に通い始めて間もなかったので「風邪でもひいたかなあ」なんて思っていたのですが、あれよあれよと言う間に40度近い高熱に。 「もしやこれって・・・」と頭をよぎったのが「突発性発疹」。...
育児

プール熱が流行中!夏に乳幼児がかかりやすい病気

初めての集団生活で気をつけたいのが夏の感染症 国立感染症研究所によると、今年は咽頭結膜熱(プール熱)の患者報告数が増加傾向にあるようです。 夏の三大風邪ともいえる「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。 かかって...
育児

保育士の年収を上げるのに賛成?反対?

新卒保育士に最大20万円を給付 保育士不足が深刻化するなか、大阪市は5月6日、待機児童対策の一環で新卒の保育士資格取得者で保育所やこども園などの保育施設へすぐに就職する人を対象に、最大20万円の給付金を導入すると発表しました。 初年度に...
育児

民主・維新両党が、保育士給与を月1万引上げる「処遇改善法案」来週にも国会提出

保育士不足問題改善のために法案提出か 良くも悪くもブログ「日本死ね」が注目され、多くのメディアで保育園・保育士不足問題が取り上げられました。 衆議院予算委員会でも取り上げられ、国会前デモにまで発展。 9日には、約2万8千人分の「保育の...
育児

高木美保が『日本死ね』ヤジ主の平沢勝栄議員を番組で論破

2月29日の衆議院予算委員会で山尾志桜里議員(民主党)が安倍首相にブログ「日本死ね」の内容を読み上げたところ与党からヤジがありましたが、、、 <関連記事> 「出典はないんだろ出典は」 「誰が言ったの」 「本人出てこいよ」 ...
育児

大きな夢を実現するのに必要なものは、本人の努力と親のサポート

小学生当時の本田の作文は、将来の夢ではなく予定 本田圭佑(29)氏が6年生のときに書いた『将来の夢』の作文は以下のような内容(抜粋)でした。 ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。 世界一になるには世界...
育児

幼稚園・保育園の義務化とそれに伴う無料化が人口減少・少子化対策に必要

保育士一人で概ね20人の幼児をみることが 現在、保育士は約6万2000人足りないようですが、先日掲載した記事のように、保育士ですら子どもを園に預けられないがために復帰することができないそうです。 また、多くの潜在保育士は、給与の低さから...
育児

保育士が子どもを預けられなくて保育士に復帰できない、呆れた行政の対応

先日「保育園不足問題「ブログ本人出てこいよ」ヤジからデモに発展。国は真摯な対応を」 という内容の記事を掲載しました。記事の中で、 「保育士は約6万2000人足りないようですが、130万人の資格をもった保育士がいるにもかかわらず、給与の低...
育児

保育園不足問題「ブログ本人出てこいよ」ヤジからデモに発展。国は真摯な対応を

保育園不足を解消するカンフル剤がない現実 子供が保育園に入園する事ができず、「保育園落ちた日本死ね!!!」とあるブロガーが怒りの発信をしたところ話題をよびました。 2月29日の衆議院予算委員会で山尾志桜里議員(民主党)がブログの内容を読...
生活力アップ(シェア)

電車に子連れが乗ってきたら席を譲る?《シェア》

今日、仕事で久しぶりに電車に乗る機会がありました。 ホームで電車を待っている時、たまたま赤ちゃんを抱っこしたママと3、4歳ぐらいの女の子と隣になりました。 「ママ、電車さんきたよ〜」 なんてニコニコして話す女の子の姿にほっこり...
育児

警視庁から防犯アプリ公開。東京都民の方は検討の余地あり

警視庁犯罪抑止対策本部から 防犯アプリ『Digi Police』が公開された。 <公式サイト> いきなりだが 肝心の防犯ブザーの音量が低い。 また『Map』機能は現在都内対象なので、 東京都以外の方は導入のメリットが低い。 ...
育児

消臭ビーズは枯れ果てても水分があれば元の姿に。見た目はゼリー、誤飲注意

消臭ビーズは変幻自在か 一般的な消臭ビーズは、空気に触れると小さくなり、 数週間で直径2〜3mmの固形物になる。 この状態になると消臭効果はゼロとなり、 商品としての寿命を迎える。 しかしこの状態になっても、水に浸すと姿だ...
育児

公園で事故率が高い遊具は『すべり台』、中等症以上のリスクが高いのは『雲てい』

2月10日に消費者庁から『遊具による子供の事故にご注意!』という発表があった。 発表によると、「身体を動かして遊ぶことは子供の心身の発育に重要」としながらも、公園で発生する事故の3割近くが入院を必要とする事故につながっているという。...
育児

運動会の組体操は継続すべきか?

千葉県流山市の小中の組体操すべて取りやめ 今年4月から、千葉県流山市立の 小学校・中学校で運動会や体育祭での 組体操がすべて取りやめになった。 公立小中学校が一斉に中止するのは 全国で初めてだとか。 千葉県柏市も廃止の方...
育児

おんぶが赤ちゃんの脳に良いってホント?

生後7ヶ月の次男が奈良の大仏に! 先日、次男くんの7ヶ月の健診に行ってきました。 体重9.79kg。 7ヶ月にして1歳児並みの重量です。あらら。 まるっとした体でお座りをするその姿は奈良の大仏さまさながら。 思わず手をあわせてしま...
育児

水いぼとの戦い01「発症」

昨年末に小さな水泡が発症 昨年末ごろにお風呂上りにふと見ると、長女(小学生)の左脇あたりに なにやらブツブツがあることに気づきました。 1mmやそれ以下の小さな水泡が20個以上。 「痒い?」と聞くと 「ううん、なんとも...
育児

え、今なんて!?出産直後のイラっとした一言

ツライツライ陣痛を乗り越えてやっと我が子に会えた瞬間。 開放感と幸せで満たされたママの心を乱す一言ってありますよね。 そんなママたちに浴びせかけられた数々の迷言たちを拾い集めてみました。 ベビと初対面した義母が放った一言篇 「あら、...
育児

赤ちゃんのウ○チ漏れプチパニック対策

「3人目ともなると育児ももう余裕でしょう?」 5年半ぶりに3人目を授かり、アラフォー育児に日々奮闘しているなかで、 周囲からそんな風に言われることもしばしばあります。 確かに、1人目の時と比べるとまったくもって 心のゆとり(適当なだ...
育児

せっかく頑張ったのに旦那に似すぎてて凹むヮ

鼻からスイカとも言われる出産 無事赤ちゃんが産まれ出た時の達成感&開放感たるや、 経験者だけが味わえる特権ですよね。 そしてどんな感動の渦が自分にまき起こるのか、 ドキドキしながらの赤ちゃんとの初対面! 「わ、サル・・・」 ...
育児

産後のイライラは愛情ホルモンのシワザ!?

出産という大仕事を終えたママは、慣れない育児と眠れない日々に 体も心もクタクタになっています。 そんなときに悪気もなくかけられる「靴下どこ?」という旦那の言葉・・・ 「自分のことくらい自分でやってよ!!!」 半ばキレ気味に答える...
育児

国が推奨!?「電車やバスでベビーカーを畳まずOK」

電車やバスなどの公共交通機関でのベビーカーの利用をめぐる論争は度々ネットを賑わせています。 ベビーカーで電車に乗ることはもちろん、それを「たたむ」「たたまない」でもベビーカー利用者とその他乗客との言い分があり、なかなか折り合いをつけるのは...