他社のテストと酷似していたベネッセ、その内容を検証

kokuji

ベネッセテスト「酷似」指摘 算数の問題 出版2社抗議、一部回収」<朝日新聞>

これは二つのテストを比較すればすぐに黒か白か分かる内容です。
以下画像は、抗議した2社のうち光文書院とベネッセのテスト内容です。

酷似している点

kokuji_00

・問題の数が同じ

・問題文章がほぼ同一

・1〜4に分類されている問題内容が全て酷似している

・問題のレイアウトが全く同じ

・人物イラストの位置や吹き出しの表現など、
 デザインが酷似している

私もこのような出版物を製作することがありますが、
ここまで酷似することは、偶然では考えられません。
問題の文章までほぼ同じなんですから、、、、
だからこそ回収もしているのだと思います。

出版業界では珍しくない他社の模倣

出版業界では、他社で好調な出版物を模倣して作成してしまい、
裁判になることが珍しくありません。
私が勤めていた出版社でも、
常に数社とそういった訴訟問題になっていました。

実際、編集者がこういったテストを作成するうえで、
多くの編集者が他社のものを参考にすると思います。
しかし酷似してしまったら著作権問題になってしまうので、
見た目のデザインはもちろんですが、
内容や文章なども似ることがないように注意します。
最終的には自社なりの見せ方なども取り入れて、
自社オリジナルのものを作成します。

しかし今回の場合は時間がなかったのか分かりませんが、
そういった本来の作業が全て省略されてしまったようです。
多くの出版社から出されているテスト問題ですから、
少しくらいだったら酷似してもバレないだろうと思ったのでしょうか。

実際、自社なりの改良が十分にできない結果、
相手の出版社から訴えられるケースがほとんどです。

こういった模倣は編集者が他社のものを参考に見ているときに、
「あれ?これ似ているな」と気づくケースや、
購入者の声で届くケースがあります。
普通の編集者だったらアマゾンや楽天などのオンライン書店のレビューはもちろんですが、
便所と言われる2chなどの書き込みもチェックしたりします。

今は一般消費者の声もSNSなどですぐに拡散するので、
ここまで似ていたらバレるのは時間の問題だったと言えそうです。

sponsored